小児矯正,子供の矯正,桐生市,みどり市,伊勢崎市

子供の矯正

小児矯正(子供の矯正)は、予防的な矯正になります。

 

予防的というのは、 大人の歯並びが悪くなる可能性を、

 

事前に取り除くということです。

 

したがって、子供の矯正治療については、絶対必要というわけではありません。

 

ですから、当院では子供の矯正治療をしなくてはならないとは言いません。

 

ただ必要性が高くメリットが多い場合は勧めさせて頂きます。

 

子供の矯正治療は7〜11歳に行いますが、開始時期に関しては、成長期を利用する治療ですので、早くから始めるに越したことはありません。(年齢的には早くても7〜8歳頃)

 

この時期を過ぎてしまうと大人の歯が生えそろってしまいます。


小学生の時に矯正を行うメリットは?

子供の矯正は、上のような装置を寝ている時だけ装着して行います。

 

寝ている時だけの装置というのは、思春期のお子様にとって大きなメリットだと思います。

 

小学生の時(混合歯列期)に矯正を行うメリットをまとめますと、

 

思春期にきれいな歯並びになる

大人の歯を抜かずに済む

寝ている時にはめる装置だけなので手軽

費用が少なくて済む(当院では大人の矯正の半分)


保護者の方へ

現代の子供は食生活の変化などで、昔の子供と違いあごが小さくなってきています。

 

それは、あまり噛まなくても良いやわらかい食事が増え、噛む力が弱くなっているため、あごが発達しにくいからです。

 

あごが小さくても生えてくる永久歯の大きさは昔と変わっていません。

 

永久歯は隙間がないところに無理矢理生えてこようとするため、歯並びがでこぼこになってしまいます。

 

歯並びがでこぼこのままだと良いことはありません。

 

ただ単に見た目の問題だけではありません。

 

汚れがたまりやすいため、虫歯や歯肉炎、口臭、将来的には歯周病の原因となります。

 

また、噛み合わせが悪いと良く噛み砕けないため、胃炎や消化不良の原因となり、栄養の吸収が悪くなってしまいます。

 

お子様の健康を守り、成長の手助けをするのはお母様やお父様の大切な役目です。

 

お子様の歯並びで気になることがありましたら、一度ご相談下さい。

 


子供の矯正小冊子をプレゼント

お子様の無料矯正相談を行った方に、当院の矯正医執筆の
『子供矯正治療入門講座』を差し上げております。

 

矯正治療のメリットやデメリット、治療の流れや装置の種類など、
保護者の方が良く疑問に思うことが書かれています。

 


 
マルチブラケット 裏側矯正 マウスピース矯正 小児矯正 メール相談

群馬県伊勢崎市市場町1-1542ベイシア赤堀店内 通院は伊勢崎市みどり市桐生市前橋市・藪塚町・足利市など隣接の市町村からも多いのでお気軽にお問合せ・ご来院下さい。